<モニターツアー>
島の隅々まで満喫!大自然に包み込まれる。
動いて爽快美の旅

アウトドア・ビューティ

ライター・夏生さえりさん、2泊3日の与那国島旅へ。
体験していただいたのは、「アウトドア・ビューティ」。

六畳ビーチや巨石巡り、ナイトウォーキングなど、めいっぱいカラダを動かして、大自然のなかでリフレッシュ!
離島での旅を満喫できるプランです。

 

・・・・・

 

【1日目】
JTA071便 羽田06:35発~石垣10:10
RAC741便 石垣10:35発~与那国11:10
与那国ホンダでレンタカーをレンタル⇒六畳ビーチ(今回荒天のため中止)⇒オネマヒナで満月ナイトウォーキング⇒居酒屋なんたで夕食⇒ゲストハウスFiestaに宿泊

 

【2日目】
朝日を見学に東崎⇒軍艦岩立神岩などで自然を満喫⇒最西端の碑海人食堂でランチ⇒祖納を散策、ティンダバナでパワーチャージ⇒ゲストハウスFiestaのテラスから日本最後の夕日と星空を観察

 

【3日目】
グラスボートジャックスドルフィン号海底遺跡を探索⇒与那国ホンダにレンタカーを返却して空港へ
RAC724便 与那国11:55発~那覇13:15着 那覇を満喫して東京へ

 

 

・・・・・

 

【1日目】


■与那国空港
無事到着しました! 東京から、約5時間で最西端の島に到着です。


■与那国ホンダ

観光の交通手段として考えられるのは、タクシー・レンタカー・レンタバイク・レンタサイクル。なんと(本数は少ないですが)公共バスも走っています。
今回は、同行者を連れてレンタカーで観光することに。


■海人食堂

「本日のお刺身定食(800円)」を注文。
これが、白身魚でめちゃめちゃ美味しいんです…!
癖がなく、あっさりとして引き締まっていて贅沢な量。ちなみにこのお魚、「シイラ」という聞きなれない魚だそう。


■ダンヌ浜

これ、本当は両隣が「お手洗い」なのですが(笑)、写真の撮りかたによってはめちゃめちゃ綺麗に撮れるとのこと。確かにフォトジェニック……。


■オネマヒナ

こちらのTシャツやさんにてウォーキングを申し込むことができます。


■オネマヒナ・ナイトウォーキング

オネマヒナさん曰く、「満月だと、びっくりするくらい外が明るいんです。編み物をすることができるくらい」とのこと。
ものすご〜〜〜くたのしみにしていたのですが、この日は雲の合間からしか見ることができなかった(でも綺麗だった!)。


■ビアガーデン国境(はて)

島で唯一エレベーターがある場所。
当然オリオンビールと……、
カジキの唐揚げ(700円)←激ウマ!
もずく酢(300円)←めっちゃウマ!
珍味3種盛り合わせ(600円)

【2日目】


■ティンダバナ

行ってみるまでは「そんなにすごいのかなー?」と半信半疑でしたが、やはり「パワースポット」と呼ばれるだけのことはある……。自分の体の何倍も大きな岩の下を通っていると、大きな時間の流れを感じて、なんだか「細かいことはどうでもいいや」という気持ちに。心がすうっと晴れるような場所でした。


■馬鼻崎(うまばなさき)

ここは、宿のオーナーさんが教えてくれた場所。
寝転んで、空を見て、強い風に吹かれて、海の匂いを嗅いで……。
この馬鼻崎が今回の与那国島観光では、一番印象に残りました。


■最西端の碑

日本で最後に沈む夕日を見る事ができます(謎の躍動感はスルーでお願いします)。


■立神岩


■軍艦岩

与那国には「本当に自然にできたの?」と言いたくなる不思議な岩が多い。


■Dr.コトー診療所

ファンの方にはたまらないはず。


■居酒屋なんた

特に美味しかったのは、もずくの天ぷら(600円)。

【3日目】


■東崎(あがりさき)

馬が放牧されていて、少し寒々しい独特の雰囲気も。


■ジャックスドルフィン号

今回は、ダイビングライセンスも持っていないのでグラスボード(6000円/人)で海底遺跡を見に行くことに。


■海底遺跡

与那国島の海底遺跡は、人工物なのか自然物なのか、未だ解明されていないそう。ロマンがある……。グラスボートからでもしっかり見ることができました。


■ゲストハウスFiesta(フィエスタ)

オーナーさん(右)と、アルバイトのりゅうちゃん(左)。本当にお世話になりました。

前のページへ