工芸、文化、歴史に触れる。
心洗われる体験美の旅。

おひとりさまビューティ

ライターの朝井麻由美さん、2泊3日の与那国島旅へ。
体験していただいたのは、「おひとりさまビューティ」。

与那国島の文化を学ぶ、体験や見学を中心としたツアー。
電動アシスト自転車をレンタルし、離島旅ならではの民宿に泊まります。
与那国島の人や自然にふれて、都会で疲れた心をいやすプランです。

 

・・・・・

 

【1日目】
JTA071便 羽田06:55発~石垣10:05着
RAC741便 石垣10:25発~与那国11:00着
与那国馬風牧場でレンタサイクルをレンタル⇒比川を散策⇒レンタサイクルで久部良へ⇒モイストロールカフェでランチ⇒夕日が見える丘で日本最後の夕日を見学⇒旅宿里家でゆんたくを楽しむ

 

【2日目】
ジャックスドルフィン号海底遺跡を見学⇒わかなそばでランチ⇒DiDi与那国交流館で民具づくり体験⇒海響で島料理に舌鼓

 

【3日目】
レンタサイクルを返却⇒てぃぬ花工房で織布体験⇒チェックアウト
RAC724便 与那国11:45発~那覇13:15
ANA472便 那覇16:45~与那国19:10

 

 

 

・・・・・

 

【1日目】


■アマランショップ

日焼け止めを忘れたので慌てて買いました。10月だけど与那国島は32℃です。暑い!


■馬

島内は電動自転車をレンタルして移動します。そこらじゅうに馬が放牧されてる。


■久部良バリ

久部良バリって、名前がバリ島っぽいし、雰囲気からすると楽しそうな感じがするので、リゾート施設か何かなのかと思って行ってみたら、なんとかつて人口制限のための殺人が行われていた場所でした。


■Moist Roll Café

適当に入ったわりにものすごく当たりのお店だった…!                                        


■日本最後の夕日が見える丘

日本で一番最後に夕日が落ちる場所。


■与那国海塩

与那国海塩のお店でいろいろな塩を買った。

【2日目】


■海底遺跡・ジャックスドルフィン号

午前中はジャックスドルフィン号に乗って、与那国の海底遺跡を見に行った…んですが、船酔いして後半ずっと横になっていてほとんど遺跡見れず……。海の底の岩が階段のような形になっているのだけ見れました。


■わかなそば

与那国島は水がおいしい。お店で出てくる水の味が東京と全然違います。コクがあるというか、東京の水よりもしっかりした味。


■DiDi与那国交流館

クバの葉で伝統工芸品を作ります( ˘ω˘ )


■海響

カジキとハラゴのお刺身。


■海響

長命草のかき揚げ。葉っぱの揚げ物が結構好き。


■海響

「どなん花酒」という60度の泡盛に挑戦。唇についた瞬間、カッと蒸発するような感じでなんか飲むとか飲まないとかの話じゃない。

【3日目】


■てぃぬ花工房

与那国花織の体験をしました。初めての機織り機。


■おみやげ

与那国空港で買えます。クバもち、与那国黒糖、長命草のちんすこう、カジキのかまぼこ、などなど。

前のページへ

朝井麻由美

ライター・編集者。
旅のようすはこちらで⇒ Facebook